地域の児童・青少年の健全な成長をサポートするために立ち上がったネットワークです

事務局のご案内

〒277-0005
千葉県柏市柏2-7-3-505
オフィス・ド・ポーム内
電話 090-9950-8646

定例研修会のご案内

研修会のご案内
NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第119回定例研修会

「新学習指導要領と教育相談」
〜全面実施を前に知っておくと相談に役立つ情報〜

松戸市立総合医療センター 小児科医長 小橋孝介先生

日時:2019年5月24日(金)18:30〜20:45
会場:柏中央近隣センターアミュゼ柏 会議室A(会場が変更されています)

講師の先生が所属する松戸市立総合医療センター(千葉県松戸市)では院内に設置された「家族支援チーム」で虐待を受けた子供の診察・治療や、児童虐待の防止に取り組んでいます。小児科医や看護師、ソーシャルワーカーが構成メンバーです。

先生はメディアのインタビューに答え「子供の異変に気づいた人が医療につなげられるかが鍵だ。例えば学校などで子供にあざを見つけたら、『血が出やすい病気かもしれない。病院へ行ったほうがいい』などと理由をつけてもいい」「子供に傷を見つけた保育園が、児童相談所に直接通告するのはハードルが高いので、病院に連絡し、病院がまず対応することはよくある。」と具体的対応についてお話されています。

今回も、参加された方々が今後、使える具体的対応や連携についてお話してくださいます。
皆様の参加をお待ちしております。 

【講師紹介】
2005年自治医科大学医学部卒業。国立精神・神経医療研究センター病院を経て現職。日本子ども虐待防止学会代議員、チャイルドファーストPROJECT代表、一般社団法人こどものみかた理事。

 

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

*次回の予定;7月(金)、会場の抽選予約の都合により未定です。決定次第、ホームページでお知らせします。 皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第118回定例研修会

「新学習指導要領と教育相談」
〜全面実施を前に知っておくと相談に役立つ情報〜

文教大学教育学部
教授 会沢 信彦 先生

日時:2019年3月22日(金)18:30〜20:45
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

〜講師の会沢先生からのメッセージです〜

学校現場は新学習指導要領の話題でもちきりだと思います。「主体的・対話的で深い学び」「資質・能力」「カリキュラム・マネジメント」などの言葉が飛び交っています。やはり、学校という組織は学習指導要領を中心に動いていると言っても過言ではありません。

学校の中で教育相談の推進役となっておられる先生や、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーなど、教員以外の立場で相談や支援に当たっておられる方たちの中には、何となく置いてけぼり感を抱いたり、「どうせ教科や授業の話でしょ。私たちには関係無いわ。」と思っておられる方が少なくないように思われます。

しかし、新学習指導要領をよく読むと、教育相談の重要性が随所に書かれています。新学習指導要領の全面実施を控えた今こそ、教育相談の出番なのです。

この研修会では、教育相談担当の先生や、SC、SSW、関係者の方々が、教育相談の重要性を管理職及び周囲の関係者の皆様にアピールできるよう、話題を提供いたします。

皆様の参加をお待ちしております。

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

*次回の予定;5月(金)、会場の抽選予約の都合により未定です。決定次第、ホームページでお知らせします。 皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第117回定例研修会

「光陽園って、どんなところ?」  〜医療と福祉を統合した支援〜
光陽園心理士
臨床心理士 渡邉 理惠 先生

日時:2019年1月25日(金)18:30〜20:45
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

講師の渡辺先生は、我孫子市の障害者福祉センター、こども発達センター、福祉総合相談室、教育研究所での臨床業務を経て、2014年に開設された光陽園に当初から勤務されています。

 光陽園は県に6か所ある重度心身障碍児者施設で東葛地区に初めて開設されました。
 現在まで入所児者の受け入れを中心に運営されていますが、地域のニーズに応えて外来に相談部門が開設されています。外来相談部門では、医師の他に、理学療法士、作業療法士、栄養士、心理士等の専門職が支援を行っています。

 既に、支援を受けている家族をご存じな方もおられると思います。今回、講師の先生に具体的なお話を伺い、顔を合わせることで相談や支援を受けられる家族とのつながりを得ることがあると思います。皆様の参加をお待ちしております。

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

*次回の予定;3月(金)未定です。

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第116回定例研修会

「特別支援教育が果たす役割」〜共生社会の形成〜
元 千葉県特別支援教育課課長
流山高等学園校長 岡田哲也先生

日時:2018年11月2日(金)18:30〜20:45 ※会場の都合により、11月16日(金)から変更です。
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

昨年、聖徳大学と千葉県教育委員会共催の「特別支援教育フォーラム2017」にて岡田哲也先生がシンポジストとして「教員・教職を目指す学生の学級経営力をどう育てるか?~共生社会の形成者を育成するために~」について講演されました。今回の研修会では、内閣府が政府一体の取り組みとして推進している“共生社会の形成”の基盤としての 学級経営と、県教育委員会や特別支援学校の体験を通して先生が日頃から抱いておられる特別支援教育の思いをお話して頂きます。以下、先生からのメッセージです。

「障害のある人が社会に出て活躍することができるよう教育や支援の手立てを普及啓発していくことはもちろんですが、障害がある人との共生を通じて、人間は誰しも『普通』や『同じ』ではなく、『違い』があることを前提として、『違い』があることをエネルギーにしながら、国や社会をつくる人を育成することが我々特別支援教育に携わる教員の使命だと思っております。」

各幼保小から中学高校、成人のライフステージにおける教育の役割等についての講演ですので、保育や教育、療育や相談等の関係機関の皆様の参加をお待ちしています。

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

※次回の予定は1月25日(金)です。

 

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第115回定例研修会

「WISC-Wの解釈と活用」  〜発達障害児の理解と指導〜
日本K−ABCアセスメント学会事務局長
聖徳大学教授 東原文子 先生

日時:2018年9月14日(金)18:30〜20:45
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

かねてより、参加者の皆様から「WIS−W検査の結果を支援に活かしたいので、具体的な指導につながるような研修を受けたい」と希望する声がありました。今回、松戸にある聖徳大学のWISCやK−ABCなどのアセスメント研究で著名な東原文子先生に講師をお願いできました。以下、先生の自己紹介を大学のホームページから抜粋させて頂きます。


「幼児から大学院生まで教えています。附属小ではICTを活用した授業、発達相談室では、特別なニーズのある子どもの個別指導を行い、個々の子どもに合わせた教育や保育のあり方を実践の中で研究しています。大学では、特別支援学校へ実習に行く学生に指導案作成、通常学級の保・幼・小の先生になる学生に障害児心理学や行動観察法、大学院では、心理検査の実施や解釈法を教えています。」

主な著書に『発達障害の理解と支援のためのアセスメント』(分担執筆)があります。

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

※次回11月16日;流山高等学園 岡田哲也校長先生(仮題)特別支援教育について=共生社会の形成=を予定しています。

 

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第114回定例研修会

「ペアレントトレーニングと保護者支援」
立正大学名誉教授 中田洋二郎 先生
日時:2018年7月20日(金)18:30〜20:45
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

ペアレントトレーニングは保護者や養育者の子供へのかかわり方や、保護者自身の心理的なストレスの改善を目指しています。プログラムを通していく中で、ペアレントトレーニングが子供本人の行動改善だけでなく家族支援としての側面を持つことを、支援法として経験のある方はお感じではないでしょうか。
今回は、立正大学で長くペアレントトレーニングのグループを実施されるとともに、障害を持つ子供の保護者の心理、その支援について研究をしてこられた中田洋二郎先生に、ペアレントトレーニングの実践的な内容と、保護者支援として行う際の注意点についてお話しいただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。 

※中田洋二郎先生近著
『発達障害のある子と家族の支援: 問題解決のために支援者と家族が知っておきたいこと (学研のヒューマンケアブックス) 』(学研プラス)

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

※次回:9月14日(金)聖徳大学教授 東原文子先生 仮題「心理検査(WISCW)の理解と活用」を予定しています。

 

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第113回定例研修会

「未就学児の神経発達症(発達障害)の支援とは」
〜神経発達症を振り返りながら〜

愛友会記念病院 小児科専門外来
 子どもの心と発達外来 医師 永吉 亮 先生
日時:2018年5月25日(金)18:30〜20:45
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

講師の永吉先生は南流山にある愛友会記念病院(総合病院)の小児科のお医者様です。

平成28年5月より開設された「子どもの心と発達外来」を担当しておられます。

ホームページでは外来の内容を「お子さんの心の問題や、発達のつまずきに関する相談をお受けしています。主な対象疾患は下記の通りですが、ほかにもお子さんとご家族が困っていることがあればなんでも、ご相談下さい。思わぬところにヒントが隠れていることがあります。」と紹介されています。(完全予約制)

     下記; 乳幼児の睡眠の問題、発達の遅れ、偏りが気になる

          自閉スペクトラム症、ADHD、限局性学習賞(LD)などの発達障害

          不登校、いじめなど学校に関する問題…等々。

発達障害の理解を神経発達症の観点で、分かりやすくお話して頂きます。

“質問に答えて頂ける時間をお願いしています。就学前の幼児期に加え、学童期、青年期の関係者の参加もお待ちしております。

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

 

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第112回定例研修会

「対応が難しい子と親への支援」
千葉大学学生支援課 学生相談室特任専門員(カウンセラー)
大東文化大学 非常勤講師(福祉教育)
森山 直人 先生
日時:2018年3月16日(金)18:30〜20:45
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

保育園・幼稚園、学校など、教育現場で日々奮闘しておられる先生方から「子どもの対応より保護者との関わりに苦心することがある」、「保護者と協力・連携を持ちたいのにうまくいかない」、「忙しい業務の中で丁寧に関わって行く余裕がない」といった声がよく聞かれます。

子どもを理解する際には、保護者ともよい関係を持ちつつ、その家族背景も理解していけるとよいですが、どの現場でもなかなか難しく感じることが多くあるようです。

今回は、元柏児童相談所の森山直人先生を再度お招きし、前半は親支援のポイントなどのお話、後半は参加者の皆さんからの質問や相談に応じていただく形で進めて行きたいと思います。

※参加を予定されている皆様へのお願い

後半の質疑応答の時間のために、教育の現場で皆様が日ごろ苦労していること、見立てや保護者、子どもの理解と対応で悩んでいるケースについて、聞いてみたいこと、アドバイスがほしいことを是非、お寄せ下さい。当日でも結構ですが、前もって簡単な概要を下記の事務局のアドレスまでお知らせいただけると助かります。

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

 

NPO法人地域学校精神保健福祉ネットワーク主催
地域ネット第111回定例研修会

「早期からの支援体制の構築に向けて〜柏市の取組〜」
柏市立教育研究所 指導主事
山口 祥子 先生
日時:2018年1月26日(金)18:30〜20:45
会場:柏市中央公民館(教育福祉会館) 4F 集会室2

 

特別支援教育が始まって10年が経過し,現在では,様々な特性を持つ子ども達が,多様な学びの場で,先生方に見守られ,支援を受けられる体制が整ってきました。年度末が近づくにつれて課題となるのは,この1年間で行われてきた支援をどのように次の年度につないでいくか,ということではないでしょうか。

今回は,「早期からの支援と幼児期から小学校への滑らかな接続」という観点で,文部科学省の委託を受け取り組みをしてこられた柏市の実践をお話していただきます。幼児期から小学校,また小学校から中学校への継続的な支援体制を創り上げるためのポイントについて,一緒に考えていきましょう。多くの方のご参加をお待ちしております。

 

こちらから研修会のご案内をダウンロードすることができます。)

参加費:2000円 ※当ネットワーク会員は無料です。
お申し込みは不要です。 当日会場へ直接お越し下さい。

 

 

今までの研修会のご案内
⇒過去の研修会を見る
▲TOPへ